MENU

運動で体脂肪率を落とすために気をつけること

体脂肪率,落とす,方法

体脂肪率を落とすためには、単純に考えれば体重を落として筋肉を増やせばいいわけです。

 

ですがこの体重を落とすためのダイエットを失敗してしまう人が非常に多く、
逆にリバウンドで太ってしまうと
いう人もいると思います。

 

健康的にダイエットをして体脂肪率を減らすためには、
ランニングなどの有酸素運動が一番効果的です。

 

やり方によっては短期間で体重を落とすことができるかもしれませんが、
本当に痩せて太らない身体作りをするためには、しっかりと筋肉をつけて脂肪を落とす必要があります。

 

体脂肪率を落とす運動方法

短期間で行うダイエットでは、体重を減らすことができても一緒に筋肉の量も減らしてしまうことが多くあります。

 

ですから体脂肪率を減らして筋肉量を増やすためには、短期間ではなく最低でも3ヶ月くらいの長期で考える必要があるでしょう。

 

有酸素運動も毎日は無理でも週に3日くらいは行なった方が効果が出やすくなります。
あまり間が開いてしまうとせっかくの運動効果がリセットされてしまいます。

 

あまり間を開けないように続けて行うのがいいでしょう。

 

ランニングがきつくて続けられないという人はウォーキングでも大丈夫です。
一日に合計で30分くらい身体を動かすようにすると体脂肪も減らすことができるはずです。"


体脂肪を落とす食事について

女性は美と健康に関心がある方が多いです。
スリムな体型に憧れ、そのために努力を惜しまない人もたくさんいらっしゃいます。

 

しかし、食生活に気をつけていても年齢とともに太りやすくなってしまうのが現実です。

 

体重を落とせばダイエットになると思っている方もいますが、
実は体重を落とすだけでは本当の意味でのダイエットになっていません。

 

重要なのは体脂肪です。
体脂肪とは、皮膚の下にたまる皮下脂肪と内臓の周りにたまる内臓脂肪のことを言います。

 

体脂肪を落としたいなら、適度な運動と食事を気をつけることが大切です。

 

食事は摂取カロリーに気をつける

体脂肪を落とす食事は、和食中心のバランスの良い食事を心がけることです。
1日3食の規則正しい食事とバランスのよい内容はとても重要です。

 

炭水化物を減らすことは一見脂肪が減るように思いますが、
炭水化物を完全に無くすことは脂肪の燃焼を止めてしまいますので、よくありません。

 

少し量を減らすぐらいなら問題ありませんが、全く摂らないことは辞めましょう。

 

摂取カロリーを減らす場合は、脂質を減らしましょう。
体脂肪を減らす時の摂取カロリーは、

  • 男性は1840カロリー
  • 女性は1440カロリー

が理想的です。

 

上手に減らしていきたいものです。

 

体脂肪を落とすサプリという幻想

「体脂肪を落とす」ということは非常に難しいことです。
その理由として、エネルギーの消費の順番の最後に脂肪が利用されるためです。

 

体内にあるエネルギーはまず初めに糖質が分解され、その次にタンパク質、最後に脂肪が消費されます。
また、脂肪は有酸素運動でしか消費することができず、しかも運動を開始してから20分後に消費されます。

 

そのため、多くの人々は簡単な方法としてサプリを利用してしまうのですが、
そもそも効果があるのかというところに疑問があります。

 

曖昧な表示のサプリ

日本の法律上、効果を表示を許可されているものとして
・医薬品
・医薬部外品
・特定保健用食品(トクホ)

の3種類があります。

 

サプリは健康食品に分類されますが、全てがトクホであるとは限りません。
つまり、効果が明記されていないものが多数あるということになります。

 

明記されていないということはサプリに含まれる成分の有効性が証明されていないということです。
しかも、トクホですら「体脂肪が気になる方に適しています」と曖昧な表示がされています。

 

トクホの表示はあくまで体脂肪を落とす可能性があるかもしれないぐらいのレベルです。

 

サプリを利用するぐらいであれば適切な食事、運動を日々心がけることが一番となります。

健康的に体脂肪率を落とす方法

体脂肪率,落とす,方法

健康的に体脂肪率を落とす方法としては、運動と食事がポイントになります。
食事だけでは、脂肪を燃焼させることはできないため、一時的に痩せたとしてもリバウンドを引き起こします。

 

運動をするときの注意点

 

筋トレの後に有酸素運動を行うことが効果的です。
筋トレを行ってから有酸素運動を行うことで、先に糖を十分に消費しておくことができます。
有酸素運動は最初から脂肪のみを消費することができます。
有酸素運動だけをおこなっていると脂肪と筋量の両方が減ってしまい、
結果として基礎代謝まで低下します。

 

おすすめの食材
  • 鶏むね肉や鶏ささみ
  • 納豆や豆腐などの豆類、
  • 野菜、果物
  • 海藻類
  • 魚介類

食事は、体脂肪の燃焼を促したり助けたりするもの、糖質や脂肪の吸収を穏やかにしてくれるものなどを積極的に取り入れることです。
絶食は、逆効果になってしまいます。
大食いや一気食いもインシュリンの分泌量が増えてしまうため、決められた量を複数回に分けて食べるようにします。

[体脂肪を落とすサプリという幻想]関連情報

このページの先頭へ